49:00. 次の動画.

nhkスペシャル ドラマ「こもりびと」 11月22日(日)[総合] 午後9時00分~10時13分 10年以上に渡ってひきこもり生活を送る倉田雅夫(松山ケンイチ)。重いストレスを抱え働けなくなったことがきっかけだった。厳格な父・一夫(武田鉄矢)は元教師。 NHKスペシャル. Copyright (C) 2020 無料ドキュメント動画視聴ナビ All Rights Reserved. 10年以上に渡ってひきこもり生活を送る倉田雅夫(松山ケンイチ)。重いストレスを抱え働けなくなったことがきっかけだった。厳格な父・一夫(武田鉄矢)は元教師。地元でも尊敬を集める存在だが、雅夫の存在を世間から隠し、立ち直らせることも諦めていた。しかし、自らの余命宣告を機に、最後にもう一度息子と向き合うことに。一方の雅夫は、閉ざされた部屋の中で人知れず、ひきこもりから抜け出す道を必死で探っていたー。, 作:羽原大介  音楽:上野耕路  挿入歌:ザ・ブルーハーツ 

自ら認知症であるという重い事実を公表した医師がいる。認知症医療の第一人者、長谷川和夫さん(90)。「長谷川式」と呼ばれる早期診断の検査指標を開発、「痴呆」という呼称を「認知症」に変えることを提唱するなど、人生を認知症医療に捧げてきた。認知症専門医が認知症になったという現実をどう受け入れ、何に気づくのか。誰もが認知症になりうる時代。長谷川さんの姿を通して認知症を生き抜くための手がかりや希望をつむぐ。, 世界が注目するアメリカ大統領選挙。再選を狙うトランプ大統領と政権奪還を目指す民主党のバイデン候補が互いに非難を繰り返す中、双方の支持者も激しく対立。銃で武装し、相手側に圧力をかけようとする過激なグループも現れるなど、不穏な空気が漂っている。民主主義のあり方も問われる今回の選挙で有権者は1票に何を託したのか。現地の最新情報を伝えるとともに、社会の分断が深まるアメリカ、世界と日本の行方を展望する。, アメリカの大統領選挙が異常事態となっている。「新型コロナウイルスの感染拡大」と「人種差別への抗議運動の高まり」という未曽有の危機を通して改めてトランプ大統領の4年間で深まった「社会の分断」が顕在化。共和党と民主党、それぞれの支持者の間で対立が激化し、激しい口論やぶつかり合いに発展するケースも出てきている。番組では、激戦州のミシガン州にカメラを据え、投票を前に何が起きているのか、アメリカの今に迫る, 「木綿のハンカチーフ」「ブルー・ライト・ヨコハマ」「また逢う日まで」…。さん然と輝く名曲を生み続けた作曲家の筒美京平さんが、80歳で亡くなった。名曲の数々はいかにして生まれたのか。NHKに残されていた筒美さんの貴重なインタビュー録音、長年タッグを組んだ盟友で作詞家の松本隆さんを始め、近藤真彦さん、ジュディ・オングさん、宮本浩次さんらの独占取材から時代の心を捉え続けた楽曲の秘密に迫っていく。, 私たちは本当にこの世界を知っているでしょうか。激変する社会、生きる人々のリアル、そして大自然のスペクタクル。地を這う取材と圧倒的な映像、想像を超えたストーリー体験があなたの生き方をも変えるはずです。, 日本もこの冬、感染再拡大が起きる?いつ収束するの?対策の決定打は?今こそ知りたい新型コロナの疑問に、20万本以上の全論文を学習したAIとトップ研究者が挑む。, アメリカ大統領選挙を制するのはいったい誰なのか。有権者は1票に何を託したのか。現地の最新情勢とともに、社会の分断が深まるアメリカ、世界、日本の行方を展望する。, ■NHKスペシャル ドラマ「こもりびと」 49:00. 2019年12月29日(日) 他の動画を閲覧. 11/29(日)[総合] 午後9時  ログイン. NHKスペシャル 「平成史スクープドキュメント」第3回 “劇薬”が日本を変えた ~秘録 小選挙区制導入 【dailymotion】 第3回は、それまでの政治の形を大きく変えた、1994年(平成6年)の小選挙区制導入をめぐる知られざる物語。 第4回 安室奈美恵 最後の告白 検索. NHKスペシャル、ディスカバリーチャンネル、ナショナル ジオグラフィックチャンネル、ヒストリーチャンネルのドキュメンタリー番組を無料視聴できるサイトを紹介していきます。, 戦国 ~激動の世界と日本~ 戦国 ~激動の世界と日本~ 番組内容 世界各地で「日本の戦国時代」に関する発見が相 […], ロング・ロード・ホーム:真実のヒーローは、「ロング・ロード・ホーム」原作者と実在の兵士達とその家族の間に芽生え […], アメリカ刑務所潜入! 獄中内部事情は、数年間をかけ、アメリカで規律の厳しい刑務所をいくつか巡って施設内部に深く […], 人間は、1日に平均でスプーン40杯もの砂糖を摂取している。 世の中には“ヘルシー”な食品があふれているのに?? […], 揺れるアメリカ 分断の行方は、激戦州のミシガン州にカメラを据え、投票を前に何が起きているのか、アメリカの今に迫 […], 筒美京平からの贈りもの 天才作曲家の素顔は、NHKに残されていた筒美さんの貴重なインタビュー録音、長年タッグを […], 東日本大震災 40m巨大津波の謎に迫るは、従来の想定を超える高さの津波に襲われたり、到達時間が大幅に早まったり […], 廃炉への道2019 核燃料デブリとの闘いが始まったは、人類がこれまで経験したことのない、困難な闘いの現場をルポ […], パンデミック 激動の世界(4)問い直される"あなたの仕事”は世界各国で、看護師らが待遇改善を求めて声を上げる。 […], インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実 は世界経済を混迷させたリーマン・ブラザーズ経営破綻。この事件を皮 […]. 午後9時00分~9時50分

時代が平成から令和へと移る中、11月安倍首相の在任期間が憲政史上最長となった。 かつて1年で退陣し批判にさらされた安倍首相が、政権奪還後、なぜ歴代最長政権を築くに至ったのか? 総合, 時代が平成から令和へと移る中、11月安倍首相の在任期間が憲政史上最長となった。かつて1年で退陣し批判にさらされた安倍首相が、政権奪還後、なぜ歴代最長政権を築くに至ったのか?この7年、安倍首相や政権幹部らは、政治の安定を重視し、世論の動向をにらみながら内外の政策課題に取り組み、内閣支持率は今も高い水準を維持する。一方、政権維持が優先されるあまり、政治のモラルハザードや立法府の地盤沈下を招いたとの指摘は、野党のみならず与党内からも上がっている。番組では、安倍内閣の支持率と不支持率が逆転した“3度の危機”(2015安保法審議/17衆議院解散/18文書改ざん発覚)をクローズアップ。政権の最高幹部と与野党のキーパーソンによる証言ドキュメントで、その知られざる内幕に肉薄。最長政権が、日本政治に一体どんな変化をもたらしたのかを探る。, ブラウザの設定でJavaScriptが無効となっています。ページを正しく表示していただくため、ブラウザの設定を有効に変更してください。. Kenhasejpのチャンネルは、DailymotionにあるKenhasejpのすべての動画、プレイリスト、ライブ配信を見るための場所です ... NHKスペシャル デジタルVSリアル 第2回 さよならプライバシー20200412.  出演:松山ケンイチ / 北香那 迫田孝也 根岸季衣 / 武田鉄矢 ほか, ■NHKスペシャル 「“ひきこもり死”限界家族の記録」(仮) NHKスペシャル「忘れられた戦後補償」を見る - DailymotionでPMG5を視聴 ... 動画を報告.

sethsophia8974. 困っていること、支援策について思うことなど、あなたの体験やご意見をお待ちしています。, https://www.nhk.jp/p/special/ts/2NY2QQLPM3/, 11/8(日)夜9時~「新型コロナ 全論文解読  〜AIで迫る いま知りたいこと〜」, 11/22(日)29(日)夜9時~膨大な取材をもとに『ひきこもり』当事者の声をドラマとドキュメントで描く!. stbqx3410. サインアップ. #NHKスペシャル|巨龍中国 一億大移動 流転する農民工 #中国 #NHK. 長年にわたるひきこもりの果てに、命を落とす-。そんな深刻な事態が全国に広がっている。推計61万人とされる中高年のひきこもり。高齢の親の死後、生きる術を失った子が餓死・病死するケースが相次ぐなど、「8050問題」が“最終局面”に差し掛かっている実態が、NHKの独自調査で明らかになった。親の介護や退職など、さまざまな事情で社会とつながりを失い、死にまで追い込まれる人々の現実を、当事者たちへの長期取材で伝え、どうすれば命を守ることができるのか考えます。, 高校生や学生の「生活苦」をテーマに、NHKスペシャルの取材を進めています。

放送から3日後、アメリカ・トランプ大統領は、2回目の米朝首脳会談の開催日と場所を発表した。2月末、かつてアメリカと戦火を交え、今は目覚ましい経済発展を続けるベトナムの地で、「朝鮮戦争の終結宣言」は行われるのか。 午後9時00分~9時49分 2019年2月3日(日) DailymotionにあるNHKスペシャルのstbqx3410はここで見られます. 6 か月 … 平成史スクープドキュメント 第1回 大リーガー NOMOは、この30年に起きた“事件”“出来事”を新証言や新資料で掘り下げることで、一つの時代を見つめていく大型シリーズ「平成史スクープドキュメント」。, 日本のプロ野球を代表するエースの突然のアメリカ行きは、日米の球界関係者に大きな衝撃を与え、今年の大谷翔平選手に至るまで、日本選手の大リーグ挑戦の先駆けとなった。, 一方でそれは、グローバル化の猛威の中で世界に目を向けることになった平成日本を象徴する“事件”でもあった。, さらに今回独自に入手した日米の球団経営者の内部資料から、日本選手の大リーグ挑戦をめぐる激しい攻防も浮かび上がってきた。, 【youtube】NHKスペシャル 2018年10月21日 【平成史 第1回「大リーガーNOMO~トルネード・日米の衝撃」 】, 【dailymotion】再放送第2回は「バブル崩壊」と「失われた20年」の象徴となった、1997年(平成9年)の山一証券・自主廃業の内幕に迫る。今回、わたしたちは、山一を破綻へと追い込んだ当時の幹部たちへのインタビューに成功。なぜ日本を代表する名門企業のエリートたちは、破綻に至るまで危機を見過ごし、問題を先送りし続けたのか。, NHKスペシャル 「平成史スクープドキュメント」第3回 “劇薬”が日本を変えた ~秘録 小選挙区制導入 【dailymotion】 第3回は、それまでの政治の形を大きく変えた、1994年(平成6年)の小選挙区制導入をめぐる知られざる物語。, 平成の歌姫」安室奈美恵40歳。ふたりの半生は、世界中で急激にデジタル化が進み、ヒットソングの作られ方、発信方法が大きく変わった時代だった。音楽とダンスを心から愛したふたりのアーティストが、平成という技術革新が続き、価値観が激しく揺れ動いている時代の中で、何を生み出し、何を大切に生きようとしたのかを描く。 NHKスペシャル 安室奈美恵 最後の告白 2019.01.20, 第5回は、2002年にノーベル化学賞を受賞した田中耕一氏への独占取材から、科学技術立国ニッポンの苦闘を描く。民間企業の一エンジニアのノーベル賞受賞に社会は沸き、田中氏は一躍、時代の寵児となった。しかし、ノーベル賞につながった発見は「単なる偶然なのではないか」という周囲の声に葛藤を続けてきた田中氏は、受賞以降、メディアの取材を遠ざけてきた。その田中氏が再び表舞台に登場したのは2018年2月。アルツハイマー病を発症すると脳に溜まるタンパク質を検出することに成功。, バブル崩壊後に日本が生き残るための数少ない処方箋だった高層都市化。それは日本の発展の象徴となるのか、それとも過剰な開発となり再びバブルを呼び起こすのか。その光と影を検証する。, 第7回は、この30年、その姿を大きく変えた自衛隊の秘史に迫る。東西冷戦終結とともに始まった平成は、民族紛争やテロが相次いだ一方で、日本周辺では朝鮮半島危機や中国の台頭が顕在化し、国際情勢の激変に見舞われた。, シリーズ「平成史スクープドキュメント」最終回は、日本の「情報革命」の軌跡を、ふたりの先駆者の人生から辿る。2007年、月間318億ページビューで世界一を記録し、日本人の情報のプラットフォームとなった「Yahoo! JAPAN」の元社長・井上雅博氏、そして、ファイル共有ソフト「Winny」を公開し、「情報」の所有/非所有の関係を一気に変えた金子勇氏である。近年相次いで亡くなった2人の足跡からは、日本の情報革命の知られざる姿が浮かびあがってくる。. 2015.6.14 nhkスペシャル 70年経った今も続々と見つかる物言わぬ遺骨。太平洋戦争中、地上戦としては最大の民間人犠牲者を数えた「沖縄戦」。なぜ、9万人超もの住民の命が奪われるに至ったのかー。 NHKは、これまで明らかになっていなかった沖縄戦の全体像を、新たに発掘した軍関係の … 総合, 去年行われた韓国と北朝鮮の首脳会談で、ようやく「終結」に向けて動き出した朝鮮戦争。1953年に休戦協定が結ばれたが平和条約の締結には至らず、依然として“戦争状態”が続いている。当時、アメリカ・ソ連・中国といった大国の思惑が複雑に絡み合って始まった戦争は、なぜ長期化し、いまだに終結できずにいるのか。NHKは、その謎を解く手がかりとなる秘密文書を独自に入手した。スターリン、毛沢東、キム・イルソンの間で交わされていた電報や直筆の手紙、そして極秘会談の記録だ。見えてきたのは、スターリンが北朝鮮に韓国への侵攻を決断させ、中国を巻き込んで戦争を泥沼化させていった、指導者たちの間のしたたかな“駆け引き”だった。さらに今回、アメリカ側からも、朝鮮戦争の未公開映像や機密文書を入手。300万人もの死者を出した凄惨な戦いの現実と、アメリカを主体とする国連軍の後方支援に、日本の船舶も駆り出されていた事実が浮かび上がってきた。朝鮮半島を南北に分断し、冷戦崩壊後も各国の“相互不信”が渦巻き、不安定な状況が続く北東アジア情勢。「終戦宣言」をめぐり米朝の駆け引きが続く今、朝鮮戦争の知られざる歴史を紐解く。, 放送から3日後、アメリカ・トランプ大統領は、2回目の米朝首脳会談の開催日と場所を発表した。2月末、かつてアメリカと戦火を交え、今は目覚ましい経済発展を続けるベトナムの地で、「朝鮮戦争の終結宣言」は行われるのか。その場合、「在韓米軍」の位置づけはどうなるのか。さらに最大の焦点である「非核化」は進展を見せるのか。先行きは、全く見えない。朝鮮戦争の終結は、北東アジアに真の平和と安定をもたらすものなのかそれとも新たな権力者たちによる駆け引きの始まりなのか番組では、最後のナレーションをこう締めくくった。北東アジアはどこに向かうのか。まさに我々は今、分岐点に立っていると感じている。報道局 政経・国際番組部 ディレクター 花井利彦========================================放送を終え、周囲から聞こえてきた声は、隣国の戦争について、あれほどまでに大規模であったことを知らなかったこと、「朝鮮特需」として経済的な側面でしか認識していなかったこと、そして日本は犠牲者までうむ支援、加担をしていたことへの驚きだった。元兵士や日本人関係者の取材をすると、現場はイデオロギーや策略とは別の悲惨な現場がみえてきた。元北朝鮮兵士も「戦争はダメだ」と言っていたことが印象に残る。米朝会談では終戦宣言まで至るのかが注目を集める中、日本がどういった姿勢でいるべきか、どんな役割を果たすのか、ここからは現代を生きる我々が作る歴史である。番組で、戦争の教訓を我がこととして、そして終戦後の私たちの生き方をも想像してくれたらと願っている。報道局 政経・国際番組部 チーフディレクター 安部康之, ブラウザの設定でJavaScriptが無効となっています。ページを正しく表示していただくため、ブラウザの設定を有効に変更してください。.  11月22日(日)[総合] 午後9時00分~10時13分 ライブラリ.