櫻井 よしこ(さくらい よしこ、1945年(昭和20年)10月26日 - )は日本のジャーナリスト、インターネット番組のニュースキャスター。国家基本問題研究所理事長、言論テレビ株式会社代表取締役会長、「21世紀の日本と憲法」有識者会議代表、「美しい日本の憲法をつくる国民の会」共同代表。本名は櫻井 良子(さくらい よしこ)。以前は本名の「櫻井良子」名義で活動していたが1994年4月に「櫻井よしこ」の表記に改めた。, ベトナム民主共和国・ハノイの野戦病院で日本人の両親の間に生まれた。敗戦後大分県中津市に住んだのち、母親(小千谷市出身)の郷里に近い新潟県長岡市に転居した[1]。, 英字新聞『クリスチャン・サイエンス・モニター』東京支局などを経て、1980年5月から1996年3月まで日本テレビ『NNNきょうの出来事』のメインキャスターを務めた。1993年度の日本女性放送者懇談会賞を受賞[3]。1995年に薬害エイズ事件を論じた『エイズ犯罪 血友病患者の悲劇』で第26回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。なお薬害エイズ事件で櫻井から追及された安部英は無罪判決を受け、櫻井は名誉毀損で訴えられた(後述)。, 『「21世紀の日本と憲法」有識者懇談会』(民間憲法臨調)代表。2007年12月、国家基本問題研究所を設立し初代理事長に。2012年10月、インターネットテレビ「言論テレビ:櫻LIVE」を始める。2014年10月、「美しい日本の憲法をつくる国民の会」を、2015年8月には「平和安全法制の早期成立を求める国民フォーラム」を結成。2015年3月末、日本青年会議所にて「グローバルリーダー育成塾」を創設し塾頭[4]。また「永住外国人地方参政権に反対する国民フォーラム」発起人、「夫婦別姓に反対し家族の絆を守る国民委員会」呼びかけ人でもある。, かつては『報道2001』(フジテレビ)や『サンデープロジェクト』(テレビ朝日)などの討論番組に不定期で出演していた。『新報道プレミアA』(フジテレビ・関西テレビ)ではレギュラーコメンテーターを務めた。, 2020年5月現在、日曜報道 THE PRIME(フジテレビ)、BSフジLIVE プライムニュースなどにコメンテーターとして不定期で出演している。, 福島第一原子力発電所事故後の平成23年(2011年)7月14日、産経新聞社主催の第256回全国縦断「正論」鹿児島講演会で講演し「核をつくる技術が外交的強さにつながる。原発の技術は軍事面でも大きな意味を持つ」と主張し、「原発を忌避するのではなく、二度と事故を起こさないようにする姿勢こそ必要」と強調した[20]。, 平成24年(2012年)12月8日、福島県郡山市の福島県双葉郡8町村の議員研修会で講演した中で、「年1ミリシーベルトの除染基準は古里再生のために緩和すべきだ」「放射線には幅広い意見があるが、政治家は事実を見るべきだ。人類が持つ科学的事実は広島、長崎、チェルノブイリの疫学データしかない。国連科学委員会や国際放射線防護委員会は100ミリシーベルト以下の影響に有意性はないと結論付けている」「科学的根拠のない年1ミリシーベルトを除染の基準にして大量の土砂を積み上げ、自分たちで新たな問題をつくり出している。大人は年20ミリシーベルト、子どもも10ミリシーベルトまでは大丈夫と、国の責任で言わなければならない。町村議は住民と一緒にうろたえていてはいけない」と発言した[21]。, 2014年11月9日、沖縄県知事選の最中に沖縄県豊見城市で行われた講演会で「中国の脅威の最前線に否応なく立たされている沖縄を『力強い砦』にしないといけない」「中国に侵略されないような『防人』になって、もう一回、日本を盛り立てる」と、沖縄県の住民が防人になることを望む発言した[22]。, 1997年、過去に慰安婦問題について、強制連行ではなかったと発言したことを理由に、神奈川人権センター(日高六郎理事長)から抗議を受け、講演会が中止される事件があった[43]。, これについて、日本文芸家協会(江藤淳理事長)は、言論の自由への侵害を憂慮する声明を出したが、人権センター側は、櫻井の発言は歴史の歪曲であり「差別言論」だと反論した[44][45]。, 神奈川人権センターは、櫻井の発言の場となった横浜市教育委員会にも講師の選択を反省すべきだとする申し入れを行い、教育委員会は、櫻井の講演が市教委の基本方針と異なる歴史認識で展開されたとして、以後反差別の観点から講師の選定に努めると回答した。横浜市教育委員会は、校長会などを通じ歴史認識の周知徹底を図る方針だとした[46][47]。, またこれとは別に、櫻井が選考委員をつとめる横浜弁護士会の「人権賞」の受賞者が受賞を辞退する事態も起きた[43]。, 福島「『慰安婦』の存在を再び闇に葬るのか」『創』1997年4月号P-106 - 113, 「慰安婦問題 講師に桜井よしこさん、今度は講演会中止に」読売新聞 1997.1.29, 「文芸家協会の声明に質問状--神奈川人権センター」 毎日新聞 社会面 1997.4.6, 「市民団体から抗議の質問状 言論の自由憂慮する文芸家協会声明に」 朝日新聞 1997.4.6, 「桜井さんの発言『残念』 横浜市教委の回答で和解--神奈川人権センター」 毎日新聞 神奈川版 1997.2.6, つくる会「沖縄問題」緊急シンポ 600名が東京・杉並公会堂に集う 大江裁判の第一審不当判決を厳しく批判!, JAPAN: Sakurai weighs in on patriotism(日本:桜井、愛国心の重さを量る), 桜井よしこさん「除染基準の緩和が必要」 郡山で講演, 河北新報 2012年12月09日 日曜日, 文科省「照会」池田佳隆議員は「安倍首相の愛弟子」、教育の「政治的中立性」主張、「魔の3回生」, http://www.47news.jp/CN/200506/CN2005061601001133.html, 改憲派のリーダー・櫻井よしこは「言論人の仮面をかぶった嘘つき」だ! 憲法学者・小林節が対談を捏造されたと告発(3/4), “誤り 防衛大出身者は大学院入学を拒否される 大学院進学例、複数確認 BSフジは訂正”, https://mainichi.jp/articles/20201019/ddm/041/010/077000c, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=櫻井よしこ&oldid=80177175, 女性天皇の誕生は男系天皇制の下でも可能であるとしている。女系天皇の実現については「愛子様が成人し鈴木さんという男性と結婚なさったと仮定する。男女にかかわらずお子さんに恵まれれば、第一子が即位し、女系天皇第一号となる。その時点で天皇家は、半分鈴木天皇になる」と述べている, 日本の外交に関して、2002年以降の北朝鮮、韓国、中国に対する日本外交は失敗を続けており、外務官僚主導による外交にその問題の根があるとしている。特に北朝鮮との, 2020年10月14日のBSフジ「プライムニュース」に出演した際、「防衛大の卒業生が大学院に行きたくとも、東大をはじめ各大学は『防衛大から来た、防衛省の人間など入れない』と断っていた」と述べた。だが実際には、防衛大や自衛官出身者が東大などの大学院に進学した例は複数確認でき、発言は誤りだった。16日のプライムニュースで、キャスターが「国立大に入学した防衛大卒業生の存在が確認されました」と述べ訂正した, 『大人たちの失敗 この国はどこへ行くのだろう?』(PHP研究所 2000年12月 のち文庫, 『日本のかたち データで読み解く 毎日のニュースが面白いほどよくわかる』(素朴社 2001年10月), 『気高く、強く、美しくあれ 日本の復活は憲法改正からはじまる』(小学館 2006年8月/PHP文庫 2015年1月), 『異形の大国 中国―彼らに心を許してはならない』(新潮社 2008年4月)のち文庫, 『吾、身は幼児となりて母を慕い ―戦士たちの遺した手紙―』(編)(同朋舎、角川書店 1999年12月), (宮川俊彦)『この国の宿題 ―教育液状化を止める―』(ワック 2001年8月)改題『ゆとり教育が日本を滅ぼす』, 『私は金正日との闘いを止めない ―米中の宥和政策にも負けない―』(編)(文藝春秋 2008年3月). スポンサードリンク 5人きょうだいの長女。 父親が貿易商を営んでいたことから、ベトナム・ハノイで生まれる(直後に日本に帰国)。 当初は英字新聞「クリスチャン・サイエンス・モニター」の東京支所に勤務。 (若い頃) 1980年に「NNNきょうの出来事」のMCに抜擢される(1996年3月まで) 以降は「報道2001」や「サンデープロジェクト」などの討論番組に不定期で出演。 2007年4月から「新報道プレミアA」のレギュラー … 櫻井よしこが106歳の母を介護して考えた「日本的家族のあり方」 櫻井 よしこ. 定年後をどう過ごすかが話題になっている。寿命が延びたことは喜ばしい半面、さまざまな問題が浮かび上がってきた。超高齢化社会を前に、私たちが取るべき対策とは。ジャーナリストの櫻井よしこさんが自身の体験を基に提言する。(出典:文藝春秋オピニオン 2018年の論点100), 今、日本は超高齢社会を目の前にして、大きな負担にあえいでいます。国民医療費は42兆円を超え、毎年ほぼ1兆円のペースで増加中です。国民1人あたりの医療費をみると、75歳未満は約22万円なのに対し、75歳以上のいわゆる後期高齢者は約93万円です。高齢化によって財政支出は膨張しており、医療費の国庫負担は年間11兆円、年金、介護などを合わせた社会保障関係費は32兆円超と、いまや歳出総額の3分の1を占めるほどです。, 苦しいのは国の財政だけではありません。高齢者を抱えた家族、それに高齢者自身にも大きな不安があり、少なくない負担に直面しています。年金の減額、貯蓄の少なさ、介護にかかる費用と手間、仕事との両立のことなど、考え始めれば、前向きに対処しようと努力しても、齢をとるにつれ、不安になります。, 私たちの国、日本は戦後、長寿社会の道を選び、寿命を延ばし続けてきました。しかし今、眼前の長寿社会の実態を見つめ、それが私たちの望んできた社会だったのかどうかを考えるときだと思います。, ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。, 《ハンドボール宮崎大輔・逮捕は不倫旅行中》元新体操恋人が親友に語った「奥さんには何も言われていない」「同じ布団は使いたくない」, 「ヘソから下に人格はない」野村克也の語られざる球界タブー《サッチー不倫・チーム私物化》ついに雪解け, 嵐・相葉雅紀は実は安泰。先行きが心配されている“意外なメンバー”とは?《嵐フェストラブルも影響》, スタイリストに暴言パワハラ、メンバーいじめで脱退……荒れるK-POP業界が「NiziU」に注目する理由とは?, 【ひき逃げ逮捕】伊藤健太郎「現場に戻り、飄々とスマホをいじっていた」恋人・山本舞香への献身の陰で危惧されていた“マイルドヤンキーな素行”, 《伊藤健太郎釈放》“育ての親”マネジャーが初めて語ったやるせない思いと「憧れのキムタクへの裏切り」, 「ホスト漬け・同居・マインドコントロール」“太宰府の女帝”が普通の主婦(36)を“奴隷化”して暴行殺害するまで, いいお話では物足りない…『ポツンと一軒家』からいつの間にか「失われたもの」――青木るえか「テレビ健康診断」, 「春田と牧のプロポーズを超える新作を……」『おっさんずラブ』Pが明かす“「-in the sky-」誕生秘話”, 三浦瑠麗氏インタビュー「日本学術会議はちぐはぐな組織。それでも、パンはパン屋の言うとおりに作らせておくのが『保守の知恵』です」, 感染症を防ぐキーワードは「粘膜免疫」と「IgA抗体」。そこで、大きな期待を集めている「乳酸菌」とは?, 《緊急アンケート》大ヒットアニメ「鬼滅の刃」あなたが好きなキャラクター、好きなシーンは?, 好評開催中! オールタイム「もう一度やりたい!プレステゲーム」アンケート 中間発表!.

2018/05/04. source : 文春ムック 文藝春秋オピニオン 2018年の論点100. 櫻井よしこが106歳の母を介護して考えた「日本的家族のあり方」 櫻井 よしこ. 櫻井よしこさんは、あの優しい笑顔からは想像もできない、火のような怒りを持つジャーナリストである。また、どんな相手にも、どんなタブーに対しても、一度も怯んだことがない。あの優しい笑顔の奥に、どれだけの闘志と、正義感と、そして日本を愛する心を秘めているのか。 2018/05/04. 櫻井 よしこ(さくらい よしこ、1945年(昭和20年)10月26日 - )は日本のジャーナリスト、インターネット番組のニュースキャスター。 国家基本問題研究所 理事長、言論テレビ株式会社代表取締役会長、「21世紀の日本と憲法」有識者会議代表、「美しい日本の憲法をつくる国民の会」共同代表。

朝7時30分。広々とした玄関脇の小部屋から、ドライヤーの音が響く。ジャーナリスト・櫻井よしこ(71)が美容師の桑野眞澄さんに、いわゆる“よしこヘアー”をブローセットしてもらっているところだ。その間も櫻井は口元をキュッと引き締めながら自らの原稿にペンを入れている。撮影のOKは出たが、話を聞くのは難しそうだ。, 「午前10時には家を出るのだけれど、その前にこの原稿と、もう1本別の原稿を仕上げなければいけないの。ごめんなさいね」, 雑誌や新聞の連載に単行本の執筆、理事長を務める国家基本問題研究所の月例報告会やシンポジウムなどのイベント、インターネットテレビ『言論テレビ』の準備と出演、全国各地での講演活動。取材や情報収集、意見交換のために人に会うことも欠かさない。土日もほとんど休めない多忙ぶりだ。, 桑野さんがそんな櫻井の髪を担当するようになって、もう30年以上。櫻井が休みの時以外は毎朝自宅を訪れ、早い時には6時前ということもある。, 「だから、病気ができないんですよ(笑い)。櫻井様は本当にお元気で、『朝は爽やかだから大好き』っておっしゃいます。疲れたご様子などは見たことがありません」(桑野さん), Top View【動画】トランプ大統領の姪 単独インタビュー「ドナルドの3年半は酷すぎた」.

言論テレビは、自由なインターネット空間で事実に基づく情報を発信し、正しいと信ずる論陣を張るインターネットテレビを運営するために設立しました。現在、櫻井よしこによる番組「櫻live」君の一歩が朝(あした)を変える!を放送しています。ぜひご覧ください。 105歳の母と自宅で同居する櫻井よしこ氏 朝7時30分。広々とした玄関脇の小部屋から、ドライヤーの音が響く。ジャーナリスト・櫻井よしこ(71)が美容師の桑野眞澄さんに、いわゆる“よしこヘアー”をブローセットしてもらっているところだ。

source : 文春ムック 文藝春秋オピニオン 2018年の論点100.

櫻井よしこの母は109歳⁉︎ 父親が家庭を顧みず、母子家庭のような厳しい環境で育った櫻井よしこさん。 母親はいつも「何があっても大丈夫」と口癖のように言い、深い愛情で育ててくれたといいます。